箱の中に人が…?「ART TAIPEI」はいつ、どこで開催してる??【Twitterで話題!】

2019年11月16日

まるで、箱の中に人が入っていて、モゾモゾしてる・・・。

 

そんな風に見える作品の動画が話題になっていますよね。

 

あれ実は、21日まで開かれていた「ART TAIPEI」という

博覧会の作品なのです!!

 

今回は、その話題になった作品が飾られている「ART TAIPEI」について

ご紹介していきます。

 

「ART TAIPEI」がいつ、どこで開催しているのか、そして

話題になった動画などを見ていきましょう!!

 

「ART TAIPEI」はいつ、どこで開催している??

今回話題になった作品が展示してある「ART TAIPEI」は、

いつ、どこで開かれているのか見ていきましょう!!

 

「ART TAIPEI」は、『台北国際芸術博覧会』のことを言います。

 

この博覧会は、1994年に、設立されたアートフェアで、

今年で、26回目を迎えるそうです。

 

場所は、台湾の台北市信義区にある、

「台北世界貿易中心」という会場で開かれます。

 

日にちは、今年の2019年は、10月の18~21日にかけて開催していましたが、

主に10月下旬から11月初めの間で、開催されることが多いですね。

 

12の国や地域から、141のギャラリーが集まってきます。

 

今回は、日本から「現代美術協同組合」が初出展していて、

多彩なプログラムが、組まれていたそうです!!

 

「ART TAIPEI」の箱の中に人がいるように見える作品

続いては、今回話題になった「ART TAIPEI」の展示作品である、

箱の中に人が入っているように見える作品を見てみましょう!!

 

 

どうでしょうか??

 

素人目からすると、何とも言えな感じがします。

 

不気味にも見えるし、何かを伝えようとしている風にも見えるし…と、

ちょっとわからないですね。

 

今回の展示会のテーマが、「光の再現」となっています。

 

実は、この作品も、人が中に入っているのではなく、

箱にモニターがくっついていて、そこから映し出している映像なんだそうです。

 

このモニターに映し出された映像(光)と、今回のテーマである

「光の再現」というのが、関わっているのかもしれませんね。

 

この作品の他にも、今回初出展となった日本の作品で、

戦後の美術作品を紹介するコーナーでは、日本の現代美術界に大きな影響を与えた、

草間彌生さんや関根伸夫さん、桑原盛行さんに李禹煥さんなど作品が展示されました。

 

 みなさんも、一度見に行ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回は、箱の中に人がいるように見える作品が話題になった

「ART TAIPEI(台北国際芸術博覧会)」について、ご紹介していきました。

 

芸術には、疎い私ですが、今回話題になった作品は、

かなり気になる作品でした。

 

アーティストというのは、作品を通して、見た人になにかを

伝えようとしていると思うのですが、何を伝えようとしているのか、

メッセージ性を考えるのは、おもしろいですよね。

 

今回話題になった作品を見て、少しでも

芸術に興味を持った方もいるんじゃないかと思います!!

 

この機会にぜひ、展覧会などに参加してみてはいかがでしょうか?

 

新たな世界が見えてくるかもしれません。

 

最後までありがとうございました。